• 屋根裏に住み着いたねずみ駆除の仕方

    屋根裏はねずみが住み着きやすい場所です。

    人気が少なく紙、布などのごみや乱雑に置かれているものなど巣を作る材料があるからです。

    Reutersについての情報を提供しています。

    ねずみ駆除はまず侵入経路を塞ぐことから始めます。
    屋根と壁との隙間とか壁の穴などを塞ぎます。
    ねずみが侵入しそうな箇所に粉などを撒いておくとねずみが侵入した時足跡が残るので特定ができます。次に屋根裏の清掃です。

    ねずみの巣になりそうなごみや紙くずを取り除いたりえさになりそうな食べ物のかすや残飯をきれいにします。そして仕掛けや殺鼠剤でねずみ駆除を行います。


    仕掛けは捕獲かごや粘着式のものがあります。

    ごきぶりの捕獲器と同じ要領でえさやねずみの好む匂いのするものでおびき寄せ強力な粘着物で動けなくして捕まえるものです。


    実際に捕まったねずみを見ることができるので捕獲を実感できるものです。

    これらの仕掛けはできるだけたくさん柱や壁のすみに置くと捕まえる確率が高くなりますが、ねずみの巣であろう場所やねずみがかじった跡などがある箇所を特定して設置することも必要です。


    殺鼠剤もたくさん効果のある場所を特定して置くと駆除率が上がります。
    ねずみが食べて巣に戻ってから効き目がでてくるので、ねずみの死骸を見なくてすむ利点があります。



    またねずみは警戒心の強い動物なので、ねずみのえさなどを粉にしたものを振りかけて置くと食べにきやすくなります。



    どちらも屋根裏をきれいに清掃し、えさとなるものなどを取り除いて設置することが効果的です。

    侵入経路を塞ぎ、清掃し、仕掛けや薬を置くことがねずみ駆除の基本です。