• 屋根裏のねずみ駆除をする

    屋根裏をねずみが走るなんて昔の日本の話のように思われるでしょうが、現代もねずみの被害は多いです。
    それも地方の話ではなくて都心の繁華街に住み着くネズミは多く、社会問題になりつつあります。

    日中は下水管やものかげに隠れていて、姿が見えなくても、夜行性のためによる活発に歩きまわって悪さをするので、なかなか捕まえることも難しいです。


    さらに繁殖力がとても高いので、駆除したと思っても、いつのまにかまた増えてしまっていることはあるので、根絶させるのが難しいということもあります。


    ひとたび住宅地の屋根裏に巣ができてしまうと、文字通り、ねずみ講のように増えていきます。


    糞尿によって家がよごれていくだけでなく、柱や構造物が腐る可能性もあります。

    また電気のコードが切られることで火災がおこる可能性もあります。またネズミについたダニが人に刺したり、健康被害を起こすこともあります。

    ネズミが屋根裏にいるだけでさまざまな被害がおこる可能性があります。ですからネズミの姿をみたら速やかにねずみ駆除をしたほうがいいです。



    ただ、ねずみはあまりにも小さな穴からの侵入してしまうので、侵入路を特定するのがむずかしかったりします。

    利便性を重視したネズミ駆除情報サイトをお探しの方にはこちらをご覧ください。

    その場合は、ねずみ駆除を業者に依頼するのも1つの方法です。家庭でもいろいろ対策をとっても、どうしても駆除できないという場合は、専門のねずみ駆除業者にお願いしたほうが早く解決することができます。

    あなたにぴったりのロケットニュース24に関する耳より情報です。

    今後もねずみの被害は増えていくでしょう。